“掌刀”の読み方と例文
読み方割合
てがたな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
相手は拍手に、イヤな顔をして、黄色ッぽくムクンだ片方の眼蓋をゆがめた。そして、だまって自分ののところへ行くと、端へから下の足をブラ下げて、関節を掌刀でたたいた。
蟹工船 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)