“捻土方”の読み方と例文
読み方割合
ねりつちかた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大川内四十軒の、捻土方窯焚き、下働きなどのりをしている鍋島家御用工人土塀囲いだが邸はかなり広い。
増長天王 (新字新仮名) / 吉川英治(著)