“捲騰”の読み方と例文
読み方割合
けんとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
波は岩を、岩は波を噛んで、ここに囂々淙々の音をしつつ、再び変圧し、転廻し、捲騰し、擾乱する豪快無比の壮観を現出する。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)