“捨松”の読み方と例文
読み方割合
すてまつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
会津生れの山川捨松は十二歳(後の東大総長山川健次郎男の妹、大山公の夫人、徳冨蘆花の小説「不如帰」では、浪子——本名信子さんといった女の後の母に当る人)
田沢稲船 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)