“捉出”の読み方と例文
読み方割合
ぬきだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
文三はホッと吐息をて、顧みて我家の中庭を瞰下ろせば、所狭きまで植駢べた艸花立樹なぞが、し気にく虫の音を包んで、黯黒からヌッと半身を捉出して
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)