“挿箱”の読み方と例文
読み方割合
はさみばこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
玲瓏たる好風貌、馬上手綱を掻い繰って、草木森々たる峠路を伊那から諏訪へ歩ませて行く。進物台、挿箱、大鳥毛、供奴、まことに立派な使者振りである。
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)