“振付”の読み方と例文
読み方割合
ふりつけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
舞台へ出るけいこ最中の若者らは他村にを取るまいとして、振付は飯田の梅蔵に、は名古屋の治兵衛に、三味線は中村屋鍵蔵に、それぞれ依頼する手はずをさだめた。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)