“持窯”の読み方と例文
読み方割合
もちがま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
佐賀の城下で、陶工久米一が断罪となる日、彼の持窯——黒髪山御用窯も破壊された。破壊された中から生れた物があった。
増長天王 (新字新仮名) / 吉川英治(著)