“持扇”の読み方と例文
読み方割合
もちおうぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長上下、黄の熨斗目、小刀をたしなみ、持扇で、舞台で名のった——脊の低い、肩の四角な、堅くなったか、のせいか、首のややいだアドである。
木の子説法 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)