“手鉤”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てかぎ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“手鉤”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
提灯を片手に、腰に手鉤てかぎを、或る人は棒をもって、後から出る手当の祝儀を、何う使おうかと、微笑したり、長屋の小娘に
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
と、止めて広海屋は、手鉤てかぎを持った出入りのとびに、
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
PR