“手筆”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅひつ66.7%
てひつ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“手筆”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
見事な筆蹟である上に、これはまさしく女の手筆しゅひつだと見ないわけにはゆきません。
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
そのうちに、絵図面の終りの方を見ると、同じ手筆しゅひつで、
大菩薩峠:34 白雲の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
見ればお米の手筆てひつである。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
PR