“成了”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なりをは100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“成了”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
母親は物を見るべき力もあらずあきれ果てたる目をばむなしみはりて、少時しばしは石の如く動かず、宮は、あはれ生きてあらんよりたちまち消えてこの土と成了なりをはらんことの、せめて心易こころやすさを思ひつつ、その淡白うすじろくちびる啖裂くひさかんとすばかりにみて咬みてまざりき。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)