“思案顔:しあんがお” の例文
“思案顔:しあんがお”を含む作品の著者(上位)作品数
小川未明2
佐藤紅緑1
“思案顔:しあんがお”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「いやそうとはいえまい」とゴルドンは思案顔しあんがおに「昨夜のあらしにおそれて舟が出ないのかもしらんよ」
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
まんは、ひとりものだから、給料きゅうりょうだけで、りぬはずはないのだがな。」と、一人ひとり思案顔しあんがおをしていうと、
万の死 (新字新仮名) / 小川未明(著)
母親ははおやは、思案顔しあんがおをして、子供こどもらを見守みまもりながら、
赤い魚と子供 (新字新仮名) / 小川未明(著)