“心奥”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こころ50.0%
しんおう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ことに複雑した心理の、近代人の、しかも気の変りやすい、動きやすい女性の心奥こころの解剖は、とても、不可能であると思っている。
芳川鎌子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
菩薩の心奥しんおうには七転八倒の苦悩があり、言うに言われぬ思いがあり、どうにも致し方がなくて、あたかも波紋のように浮べてみたのが微笑なのかもしれない。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)