“御本丸”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごほんまる100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御本丸”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
今にも黒船が品川の海へ攻め寄せて来て御本丸ごほんまるへ大砲をぶっ放すことの、いや、それより先に江戸に大戦おおいくさがおっぱじまるのと、寄るとさわると物騒なうわさばかり。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
遠山様というかたは思えば不思議な御出世をなすったものさね。ついこの間までは人のいやがる遊人あそびにんとまで身を持崩もちくずしていなすったのがしばらくのうち御本丸ごほんまる御勘定方ごかんじょうがたにおなりなさるなんて、これまで御番衆ごばんしゅう方々かたがたからいくらも出世をなすった方はあろうけれど遠山様のような話はありますまい。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)