“御作”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おさく57.1%
ぎょさく28.6%
ごさく14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御作”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「今年はこゝいらにならべたいと存じますが、いかがでせう。御異存が有りませんでしたら、うか御作おさくを一枚……」
その私は「御作おさくが好い御客に引かされた」といううわさを、従兄いとこうちで聞いた。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
高祖開闢かいびゃくの霊場で、高祖の心血の御作ぎょさくたる「座禅儀」を拝誦するありがたさが彼の心身に、ひしひしと浸み渡った。
仇討三態 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
「日光には、たしか弘法大師御作ぎょさくの不動尊の御木像おんもくぞうも、あるはずじゃが、あれは、寂光寺じゃくこうじの宝物でござったかナ?」
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「私は房州某寺なにがしでらの住職でござるが、先生の御作ごさくを戴いて、永く寺宝としてのちに伝へたいものだと存じますので。」と所禿ところはげのある頭を鄭寧ていねいに下げた。