“度量”の読み方と例文
読み方割合
どりょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
との一言をち、って反対者の喝采たところなどは、その公平無私かつ度量の寛大なるところは、ほとんどドラマチックであった。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
地のを我がえたりし時なんじいずこにありしや、汝もし穎悟あらば言え、汝もし知らんには誰が度量を定めたりしや、誰が準縄を地の上に張りたりしや、その基は何の上に置かれしや
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
日本人の度量は、太平洋よりも広いんだ、昔から日本人は海外発展にして、落々たる雄図をいだいたものは、すこぶる多かったのだ、この山田という人は通商のためか、学術研究のためか
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)