“店者風”の読み方と例文
読み方割合
たなものふう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
店者風由造東条隼人と呼ばれる侍、十徳の老人、という若者、それに甲比丹の三次、中でも三次は、潮焦けのした皮膚に眼の鋭いところという感じがする。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ボードレールの“genre calicot”にならって「店者風」とでもしてもよいだろうか。
群集の人 (新字新仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)
石造の歩道を踏む音をさせて窓の外を往来する人達も、その珈琲店の店先へ来て珈琲の立飲をして行く近所の家婢も、帳場のところへ来て話し込む労働者もしくはお店者風の仏蘭西人も
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)