“床着”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とこづ66.7%
とこぎ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はな、ものずきじゃあねえか、この野郎が恋しいとって、それっきり床着いてよ、どうだい、この頃じゃもう湯も、水も通らねえッさ。
海城発電 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
女はな、ものずきじやあねえか、この野郎が恋しいとつて、それつきり床着いてよ、どうだい、この頃じやもう湯も、水も通らねえツさ。
海城発電 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
それから、床着の黄八丈を着て、藤紫の上衣を重ね、結んだしごきは燃え立つような。そのしどけなさ、しどけなく乱れた、燃え上がる裾に、白雪と紛う
紅毛傾城 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)