“平松”の読み方と例文
読み方割合
ひらまつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
むかしは土手の平松とか云つた料理屋の跡を、そのまゝの牛肉屋常磐の門前から斜に堤を下り、やがて真直に浅草公園の十二階下に出る千束町二三丁目の通りである。
里の今昔 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
ここにその任命を公表すれば、桶屋の子の平松は陸軍少将、巡査の子の田宮は陸軍大尉、小間物屋の子の小栗はただの工兵堀川保吉地雷火である。地雷火は悪い役ではない。
少年 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
むかしは土手の平松とかいった料理屋の跡を、そのままの牛肉屋常磐の門前から斜に堤を下り、やがて真直に浅草公園の十二階下に出る千束町二、三丁目の通りである。
里の今昔 (新字新仮名) / 永井荷風(著)