“平常衣”の読み方と例文
読み方割合
ふだんぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
着古しの平常衣一つ、何のかけの霊香薫ずべきか、泣き寄りの親身に一人のは、有っても無きに賭博好き酒好き、落魄て相談相手になるべきならねば頼むは親切な雇婆
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
洗ひ白らけた平常衣の浴衣に毛繻子の帶をお髪さん結びに結んで、肩から下は赤い物一つ止めずげそりと物淋しいのに、いつもの通り赤い手絡を掛けた丸髷の艶々しく大きいのが格段に目につく。
俳諧師 (旧字旧仮名) / 高浜虚子(著)
成程左様言はれて見ると、其人の平常衣らしい。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)