“常雇”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じょうやと60.0%
じやうやとひ20.0%
じょうやとい20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
呉家の常雇いの老農夫戸倉仙五郎が呉一郎を発見した時には、絵巻物の白い処ばかりを呉一郎が凝視していたという……その不可思議な事実のホントの意味が
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
常雇の作男で、納屋に寢泊りして働いてゐるが、何んでも少しばかりの借金の抵當に祖先傳來の田地を寅旦那に捲上げられ、娘のお美代を賣つても追つ付かないから
▼同席者 戸倉仙五郎(呉八代子方常雇農夫、当時五十五歳)——同人妻子数名——(W氏)——以上——
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)