“巧過”の読み方と例文
読み方割合
うます100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「……蔡兄弟からも、さきに呉へ帰った闞沢からも、かように申し越してきたが、ちと、はなしが巧過ぎるきらいもある。さて、これへの対策は、どうしたものか」
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「憎い奴等だ。地獄の釜の中へ、逆樣に叩き込み度いほど憎い奴等だが、仕組みが巧過ぎて、手も出せない——口惜しいがになる證據が一つも無いのだよ」
ある時、子貢が二三の朋輩に向って次のような意味のことを述べた。——夫子は巧弁をむといわれるが、しかし夫子自身弁が巧過ぎると思う。これは警戒を要する。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)