“巍峩”の読み方と例文
読み方割合
ぎが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
右に仰いだ明神岳の巍峩たる姿を後にして、前面に焼岳の噴烟が現れるともう河童橋である。
燧山は岩代国に巍峩として天にで、其麓凹陥して尾瀬沼をなし、沼の三方は低き山脈を以て囲繞せり、翻々たる鳧鴨捕猟の至るなき為め悠々として水上に飛
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
眼前脚下は一大傾斜をなして下っていて、其の先に巍然として雄峙している穂高は、其の壮烈儼偉な山相をムンズとばかりに示していた。ただもう巍峩という言葉よりほかに形容すべき言葉はない。
穂高岳 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)