“崑崙奴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くろんぼ50.0%
こんろんぬ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
素足、小袿端折りて、片手に市女笠を携え、片手に蓮華燈籠を提ぐ。第一点のの影はこれなり。黒潮騎士、美女の白竜馬をひしひしと囲んで両側二列を造る。およそ十人。皆崑崙奴の形相。
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
われ、を定めてその人を見れば、はさながら崑崙奴の如く黒けれど、眉目さまで卑しからず、身には法服の裾長きを着て、首のめぐりには黄金の飾りを垂れたり。
るしへる (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)