“崑崙関”の読み方と例文
読み方割合
こんろんかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから兵を進めてまず崑崙関を破り、さらに智高を破り、邕管を平らげ、凱旋の時にかの廟に参拝して、に投げた銭を取って見せると、その銭はみな両であった。(鉄囲山叢談)