“峡山”の読み方と例文
読み方割合
きょうざん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
費耀も馬上そればかり期待しながら、峡山のあいだを、約三十里ほども退却し続けていたが、そのうちに、蜀の後陣から、黒煙の立ち昇るのが見えた。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
信玄の政治的手腕は、あの峡山の国にありながら、実によく諸国の内部へまで喰いこんでいる。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「はい。このたびの甲州入りは、時も春、峡山の花見にひとしい。帰途は東海道に出、富士見物の御予定などと——これは侍側の方々から伺ったことですが、余裕綽々たる御陣中の様であると承りました」
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)