“岩菅”の読み方と例文
読み方割合
いわすげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
尨大なる武尊山を蹈まえて、烏帽子岩菅の峰頭は、流石に高く抜け出ている。
秋の鬼怒沼 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
鬼が棲んでいるという浅間山、天狗が出るという赤城山、袈裟丸、奥白根、男体山、さては岩菅から上越国境の山々、皆鮮かに望まれるが一として秩父山に似た色彩を持っている山は無かった。
奥秩父の山旅日記 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
八ヶ岳と蓼科山との間に奥穂高、常念、大天井から鹿島槍、五竜に至る北アルプスの大立物が、銀光として遥かの空際を天馬の如く躍っている。籠ノ塔の後には岩菅山らしいものさえも望まれた。
釜沢行 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)