“山下町”の読み方と例文
読み方割合
やましたちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから橋を渡り、暗い公園を脱け、この山下町りこんで来ても、この執念深い尾行者たちは一向退散の模様がないのである。
疑問の金塊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
八重その年二月の頃よりリウマチスにかかりて舞ふ事はずなりしかば一時山下町妓家をたたみ心静に養生せんとて殊更山の手の辺鄙を選び四谷荒木町に隠れ住みけるなり。
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
明治節の朝、朝香宮妃殿下の薨去が報ぜられた。風が寒かったが日は暖かであった。上野から省線で横浜へ行って山下町の海岸のプロムナードで「汽船のいる風景」をながめた。
柿の種 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)