“尾長”の読み方と例文
読み方割合
おなが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
春には松露が沢山取れるという松林の中には、所々に名もない箪が出てるきりだったが、その代りに、尾長と俗に呼ばれてる白と黒と灰と三色の美しい鳥が沢山居た。
月明 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
三日の花鸚鵡尾長鳥軍 重五
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
尾長蛆虫成敗ぞする
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)