“尾端”の読み方と例文
読み方割合
びたん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「敵は、二万余り、お味方は一万四千。かれの優勢に、正攻を取るのは不利とおもわれます。——一応、やり過ごして、敵の尾端から撃破してかかるべきでしょう」
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
当三月下旬その大きさを計るに、頭より尾元に至るまで、長さ一尺二寸五分、高さ六寸、方言「ゴンボウ」と称し、尾の長さわずかに一寸三分、尾端右方に曲がりてあたかものごとし。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)
すると、それがしは直ぐ城内からその尾端を叩きます。また、曹操がお城のほうへ向かえば、将軍も転じて、彼の後方をかし、かくして、掎角の陣形に敵を挟み、彼をるの計であります
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)