“小音曲師:せうおんぎよくし” の例文
“小音曲師:せうおんぎよくし”を含む作品の著者(上位)作品数
泉鏡太郎1
泉鏡花1
“小音曲師:せうおんぎよくし”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
早速さつそく小音曲師せうおんぎよくし逃亡かけおちはなしをすると、木下きのしたさんのはるゝには、「大方おほかたそれは、有島ありしまさんのいけかへつたのでせう。かへる隨分ずゐぶんとほくからももとつちかへつてます。」とつてはなされた。
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)