“寒潭”の読み方と例文
読み方割合
かんたん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
英雄のしさがあるが、玩味し来って、なんの残糟も留めず、さながら寒潭を渡る雁、竹林を過ぐる風の如く、至玄、至妙の境地に徹しているのは驚くべきである。
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)
が、寒潭を渡るのように、その影が去ると、元の平静に返ります。
が、寒潭を渡るのやうに、その影が去ると、元の平靜に返ります。