“密詔”の読み方と例文
読み方割合
みっしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、密詔は、どこよりもはやく、肥後の菊池城へとどけられていた。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「多少の支度もあるから、きょうというわけにはゆくまいが、いっこくも早く、菊亭右大臣においして、なにかのことをうかがったうえ、密詔のご勅答を申しあげたいという若君のおことばだ」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
果たして、白絖に血をもって認めた密詔があらわれた。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)