“宮崎虎之助”の読み方と例文
読み方割合
みやざきとらのすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宮崎虎之助は、「予言者」として飛びあるいた、妙な宗教者であった。わしの所へ尋ねて来て、これから東慶寺へ行くから紹介せよと云う。
釈宗演師を語る (新字新仮名) / 鈴木大拙(著)
はとう/\宮崎虎之助さんのした。宮崎さんはメツシアスだと自分つてゐて、メツシアスをみにもあるからである。
寒山拾得縁起 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
中幅白木綿を薬屋のように、フロックの上からかけた人がいると思ったら、それは宮崎虎之助氏だった。
葬儀記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)