“実見談”の読み方と例文
旧字:實見談
読み方割合
じっけんだん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
最早九年ばかり以前の事だ、当時私の宅へよく遊びに来た警察署の某氏の実見談である。
暗夜の白髪 (新字新仮名) / 沼田一雅(著)
現今私のる門弟の実見談だが、所は越後国西頸城郡市振村というところ、その男がまだ十二三の頃だそうだ、自分のき近所に、勘太郎という樵夫老爺が住んでいたが、は漁夫で
千ヶ寺詣 (新字新仮名) / 北村四海(著)