“安公”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やすこう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“安公”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「やい、安公やすこう、つるぎの恋人の源三郎をとられて、おらあ、この隻眼から、涙が出てならねえんだ。今夜だけは、そのかなしい歌をうたわねえでくれよなア」
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「どうも失敬した。何しろ安公やすこうの持ってるものでないんだから仕方がない。阿爺おやじうちに昔からあったやつを、そっと売って小遣こづかいにしようって云うんだからね」
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)