ねたまし)” の例文
こういう罪もない御話をまじそうになすっていらっしゃるところへ、旦那様も御用を片付けて、御二階から下りておいでなさいました。見る見る旦那様の下唇にはいという御色がれました。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)