“大嫉妬”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おおやきもち50.0%
おほやきもち50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主人幸七が説明するまでもなく、去年の暮、三百両も積んで、お咲の薄雲を引かせ、ここに手頃な寮まで建てて囲った始末は、当時本妻のお定が大嫉妬おおやきもちで、出るの引くのという騒ぎを起したことがあっただけに、銭形の平次にも、忘れようのない記憶だったのです。
大嫉妬おおやきもちのあばたの奥方にもお目にかかりたいし、用人の竹林なんとか野郎のつらも見ておきたいし、それから、女中のお初というのは、奥方が嫁入りの時ついて来た女で、い年増で腕が出来て、その上忠義者と聴くと、ちょいと当ってみたくもなるじゃありませんか。
橋場の文七のところへ行くと、文七は留守。一と月も前から寄り付かないさうで、女房は大嫉妬おほやきもちで半病人になつてゐる有樣です。
大嫉妬おほやきもちのあばたの奧方にもお目にかゝりたいし、用人の竹林何んとか野郎の面も見て置きたいし、それから、女中のお初といふのは、奧方が嫁入りの時ついて來た女で、良い年増で腕が出來て、その上忠義者と聽くと、ちよいと當つて見度くもなるぢやありませんか。お瀧の背中に突つ立つてゐたのは、御守殿好みの細い匕首でせう」