“如意輪観音”の読み方と例文
読み方割合
にょいりんかんのん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
観心寺如意輪観音に密教風の神秘性が遺憾なく現われているとすれば、あの観音に似た感じのあるこの像も密教芸術の優秀なものに数えていいであろう。
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
現に戒律のやかましい僧院で、天使の像に恋をしたという例もあり、私の友人のBという男は、勿体なくも中宮寺の国宝如意輪観音に恋をしたことさえあるのです。
かたちから見ますと、まあ如意輪観音にちかいものかと思いますが。
大和路・信濃路 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)