“大道臼”の読み方と例文
読み方割合
だいどううす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女がね、おの肉を斬られたんでね。なんでも十二三人もやられたらしいんで。大道臼のようなのは、随分斬り出があったろうと思います
怪異暗闇祭 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
「そんじょそこらの、大道臼せてるんじゃねえや。江戸のおせんちゃんをせてるんだからの」
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
そいつが腐りつきそうな秋波を親方に送ったに吾輩をジロリと睨みながら、吾輩がタッタ今立上った椅子の座布団の中へドシンと巨大大道臼を落し込んだ。愛想もコソもあったもんじゃない。
山羊髯編輯長 (新字新仮名) / 夢野久作(著)