“大肌”の読み方と例文
読み方割合
おおはだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主人になった息子とおさんだけで、そのお媼さんが、骨だった顔の、ボクンとくぼんだ眼玉がギョロリとしていて、肋骨の立った胸を出して、大肌ぬぎで
元気のいい老人だったよ、どうも。酔うといつでも大肌ぬぎになって、すわったままひとり角力を取って見せたものだったが、どうした癖か、唇を締めておいて、ぷっぷっと
親子 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
おかみはよくで蚕に桑をくれたり、大肌ぬぎになって蕎麦粉を挽いたり、破れ障子の内でギッチョンとをさせて木綿機を織ったり、大きな眼鏡をかけて縁先襤褸ったりして居た。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)