“大格闘”の読み方と例文
読み方割合
だいかくとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大げんか、大格闘になった。みんながバラバラとげだした。けんかをとめたりしたら、あとで、「ヤイ、なぜとめた。おれの勝つけんかを、なぜとめた」
小指一本の大試合 (新字新仮名) / 山中峯太郎(著)
さて、わたしが、くまと、列車の中で大格闘をしたという話も、まあ、そんな時分のことなのだ。
くまと車掌 (新字新仮名) / 木内高音(著)
だが、ついにけののはがれるときがきたんだ。アイピング村の連中は、そいつが透明人間とわかったので、大格闘をやってつかまえようとしたが、なにしろ相手姿はみえないんだ。