“夜魔”の読み方と例文
読み方割合
よま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たがいに、躊躇い、たがいに譲り合っているような、ふしぎな声が、番屋と橋の間の木蔭に聞えた。——その隙に、お袖の影は、橋の上を、夜魔のごとく、駈けてゆく。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
夜魔! 夜魔!
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
夜魔昼魔
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)