“夜被蒲団”の読み方と例文
読み方割合
よぎふとん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ぜんやお皿は中川君から借りて来たしとほか入要いりようの者は何だろう。オーそうだっけ、僕の家にはまだお客の夜被蒲団よぎふとんが一つもない。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)