“夜被”の読み方と例文
読み方割合
よぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
好きほどに酒杯を返し納めて眠りに就くに、今宵は蚊もなければ蚊屋もらで、しかも涼しきに過ぐれば夜被引被ぎてす。
知々夫紀行 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
平和の夢からさめて十日の朝だなと意識した時には、昨夜は少し厚過ぎるやうに思つた夜被も更に重く覺えなかつた。
華厳滝 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
また夜被引かつぎたるさまいとをかしかりければ、思はず知らずふゝと笑ひを洩らす。
鼠頭魚釣り (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)