“夜着蒲団”の読み方と例文
読み方割合
よぎふとん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夜になると田山白雲は、お銀様の寝た縮緬ちりめん夜着蒲団よぎふとんの中へ身を埋めながら、そんなことを考えて笑止しょうしがり、問題の画面に向っては、厳粛な眼をえておりました。
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)