“夜山”の読み方と例文
読み方割合
よやま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その足どりは先日、同様の夜山よやまをした弁信法師と同じように、弱々しいもので、十歩いては立ちどまり、二十歩進んでは休らいつつ、息を切って進んで行くのは、まさに病み上りに相違ないが、でも、何か別しての誓願あればこそ夜山をするものでなければ、今時、飄々ひょうひょうと出遊するはずはありません。
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)