“夕飯時”の読み方と例文
読み方割合
ゆうめしどき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先生は昔の事を考えながら、夕飯時空腹をまぎらすためか、火の消えかかった置炬燵頬杖をつき口から出まかせに
妾宅 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
職人方が帰り際には台所で夕飯時には主人が飯をべさせ、寒い時分の事だから葱鮪などは上等で、は油揚に昆布などを入れたのがお商人衆の惣菜でございます。
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
夕飯時になった。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)