“夕餉時”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ゆうげどき66.7%
ゆふげどき33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そんな夕餉時の一瞬には、誰の胸にも、信仰生活の悦びがれて、この小丸山の家は、さながら夕顔の花に囲まれた浄土そのもののようであった。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かくて、まえからの会談は、半日にして一決していた。また夕餉時となったので、夜食は光秀の饗応として、陣中から酒肴すべてを取り寄せ、こんどは精進料理に限らない晩餐となった。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
夕餉時に入りる旅人がわかき歩みを。
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)